(78) 「カイロ・レンとハックス将軍の言い争い」を1分でしゃべれるようになっていただくし、最後は「ビジネス英会話」にまで、必ずしてみせる!

画像出典:amazon.co.jp

勉強とはこうするのだ!

こんにちは、小山です!

世界初!「スターウォーズのセリフ」を、あなたに1分でしゃべっていただきます!

そして最後には、なんと「ビジネス英会話」にまで、してみせます!

 

皆さんも1分で「スターウォーズのセリフ」が必ずしゃべれるようになるのみならず、

かつ、最後は、「ビジネス英会話」にまで変えられる能力が、必ずつきます!

もちろん、「世界初!」、です!

勉強とは、こうするのです!

 

それだけ私が3年間オランダに住んで、そしてヨーロッパ中、そしてUSAの人々と仕事をした経験から、

「スターウォーズのセリフ」→”実用的になることを、確実に証明できる!”、ということです!

毎回ブログで、やっております!

 

勉強とはこうするのです! ということで今日も行ってみましょう!

今日は「フォースの覚醒」から、「カイロ・レンとハックス将軍が言い争う、あのセリフ」からです!

はいっ、今日も私、ハックスとレンを、熱演しておりますよ!(笑)↓

Hux:”My men are exceptionally trained, programmed from birth.”

Ren:”Then they should have no problem retrieving the droid… unharmed.”

ハックス:「私の部下は格別に訓練されている、生まれた時からプログラムされているのだ。」

レン:「では、ドロイドを取り戻すことなど、何の問題もないはずだ、無傷でな。」

 

ねっ、おもしろいでしょ!?(笑)

これはですね、前回・前々回同様、単純に「軍隊の上層部のビジネチックな会話」、

すなわち私の3年におよぶヨーロッパでのビジネス経験から、”ビジネス英会話”と、断言できます!

ということは、「非常に実用的である!」 、ということです!

前回・前々回の記事はこちら↓

 

はいっ、カンタンに単語行きましょー。exceptionally「格別に」、retrieve「取り戻す・回収する」、unharmed 「無傷で」

retrieve は釣りをやられる方は「リトリーブ」と、よく聞くかもしれませんが、「釣糸をリールを巻いて回収する」、ということです。

ですので「retrieving the droid」は「ドロイドを回収する・取り戻す」、という意味になります。

また「(不幸・悪の道などから)救う・救い出す」という意味もあります。

ルークは「ジェダイの帰還」で、ダース・ベイダーを悪の道から救い出しましたよね?

なので”retrieved Darth Vader from the dark side of the Force “、です!

おもしろいでしょ!?(笑)

はいっ、勉強とは、こうやってするのです!

 

またunharmed 「無傷で」は、例えばharmが動詞で「害する・傷つける・損なう」、名詞では「害・危害」、harmful が形容詞で「有害な」、

という意味ですので、単純に頭にunがついたらunharmed 「無傷で、無害で」という意味になります!

はいっ、勉強とは、こうやってするのです! 



 

で、「しゃべるポイント」ですが、これはそうですね、

まず「exceptionally」の発音をしっかり言いましょう。

次に「programmed from birth.」を力強く「生まれた時からプログラムされているのだ!」という感じで力強く、感情を込めて言い、

最後は「Then /they should have no problem /retrieving the droid…」と、ゆっくり・区切った感じでもいいので、しっかりと言ってみる、

そんなとこですね。

カンタンでしょ!?

  

はいっ、勉強というのは、こうやってやるのです!

ということで今の解説意識しながら、「ゆっくり・区切った」音声アップしますので、ぜひマネして、モノにしてくださいね! ↓

Hux:”My men are exceptionally trained, /programmed from birth.”

Ren:”Then /they should have no problem /retrieving the droid… /unharmed.”

ハックス:「私の部下は格別に訓練されている、生まれた時からプログラムされているのだ。」

レン:「では、ドロイドを取り戻すことなど、何の問題もないはずだ、無傷でな。」

 

ということでもう一度、通常のバージョンアップします!ぜひモノにしてください!↓

Hux:”My men are exceptionally trained, /programmed from birth.”

Ren:”Then /they should have no problem /retrieving the droid… /unharmed.”

ハックス:「私の部下は格別に訓練されている、生まれた時からプログラムされているのだ。」

レン:「では、ドロイドを取り戻すことなど、何の問題もないはずだ、無傷でな。」

 

 

 

 

 

ということでここからはスターウォーズを離れて、この会話がちゃんと「“リアルな”ビジネス英会話」になります!

興味ある方は、ぜひこちらも進んでモノにしてくださいね!(今回から通常のスピードでしゃべります)↓

Teus:”My men are exceptionally efficient, /educated from when their being /in Japan.”

CEO:”Then /they should have no problem /convincing Customer A /to use our product, /without any trouble.”

テウス:「私の部下は格別に優秀です、日本にいる頃から教育されているのです。」

CEO:「では、カスタマーAに我々の商品を使わせることに問題などないはずだ、何のトラブルもなくな。」

素晴らしい!小山マジック!明央マジック!

あっ、「Akio」って、私です!(笑)

 

はいっ、毎度おなじみ、私がオランダにいた時の上司、テウスさんが社長と話し合ってるシチュエーションですが、

実際、彼はこのように、私を擁護してくれました。

 

オランダの人は体は大きくて、一見クマみたいにコワイですが(笑)、

実は優しい人が多くて、テウスさんも、身長190cm 、体重100kgぐらいあったかな、

それでも、スゴい優しい人でしたよ。

 

そういう人達、すなわちドイツ人であってもコロンビア人であってもギリシャ人であってもフランス人であっても仲良くなりたければ、

よく「フランス人は英語を話したがらない!」、とか言いますが、

そんなことはあり得ないですね。

 

だってそういう国々の人が集まったら、英語で話すしかないでしょ?

はいっ、勉強とは、そういう自覚を持ってするのです!

おもしろいでしょ!?(笑)

 

ということで今回も「小山マジック」、

「スターウォーズのセリフ」=「”リアルな”ビジネス英会話」に、いたしました!

皆さんもぜひ、トライしてみてください! また月曜日、書きます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。