(66) 「期待しておるぞ。」というダース・ベイダーのセリフを、必ず「ビジネス英会話」に、してみせる!(その6)

画像出典:amazon.co.jp

こんにちは、小山です!

世界初!「スターウォーズのセリフ」を、あなたにしゃべれるようになっていただきます!

皆さんも2分で「スターウォーズのセリフ」が、必ずしゃべれるようになり、

かつ、最後は「ビジネス英会話」にまで変えられるよう、毎回、解説します!

もちろん、「世界初!」、です!

 

私がオランダに3年住んで、ヨーロッパ中やUSA の人々とかなりビジネスを行った経験から、

内容的には、「”リアルな内容の”ビジネス英会話」に、変えます!

まさに「小山マジック!」

「スターウォーズのセリフ」だけ興味ある方も途中まで、「ビジネス英会話」まで興味ある方は最後まで、ぜひお付き合いください!

 

はいっ、ということで今日も行ってみましょう!

今日も映画「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」から、

「ダース・ベイダーがクレニック長官にしゃべるセリフ」、からです!

はいっ、今日もダース・ベイダー、熱演しておりますよ!(笑)

このシーン、約3分ぐらいですか、延々と続くシーン、全て勉強になるので、(61)から何回かに分けてシリーズでやってますよ!

早速行ってみましょー!私が全てしゃべってますよ!↓

Vader: ”I expect you not to rest until you can assure the emperor… that Galen Erso has not compromised this weapon in any way.”
ベイダー:「少しも休んでいるヒマなどないぞ。ゲイレン・アーソが少しもこの武器(デス・スター)の信用を傷つけていないことを、皇帝に納得させるまではな。」

はいっ!で、しゃべるポイントですが、これに関しては前回(65)と同様、 いわゆる
「that節」で「具体的に内容を説明する言い方」

これがしっかり分かっているかいないかですね!

前回の記事はこちら↓


「しゃべるのと文法は関係ない。」と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、前回やこの文章に関して言えば、

「文法的に分かってないと、しゃべれない。」です。

なぜか?、単純に、「何しゃべってるか、分からないから」です。

 

ということで解説しますと、 ”I expect you /not to rest /until you can assure the emperor… “ 「休まないことを期待しておるぞ、皇帝に納得させるまではな。」までがメインの部分で、力を8割そそぐ。

ということを、まず意識してください。

ここで一休み、です!

 

次に 、“that Galen Erso has not compromised this weapon in any way.”「ゲイレン・アーソが少しもこの武器(デス・スター)の信用を傷つけていないことを 」、これがいわゆる「that節」、

つまり、「サブ的に、具体的に内容を説明する言い方」

というのを充分理解して、練習してみることです!

そうしないと、しゃべれません!

 

メインの部分、 つまり”I expect you /not to rest /until you can assure the emperor… “ 「休まないことを期待しておるぞ、皇帝に納得させるまではな。」

だけでも、メインなので、意味としては通じる訳です!

なのでこの文章の量に「うわっ!」と感じちゃう方は、まずはここまでしっかり!、です。

 

で、「皇帝に何を納得させるか?」が、いわゆるサブの「that節」、

“that Galen Erso has not compromised this weapon in any way.” 「ゲイレン・アーソが少しもこの武器(デス・スター)の信用を傷つけていないことを 」

ということになります。

お分かりですか?

 

はいっ!ということで、それらの点を意識しながら、「ゆっくり区切りも」入れてみますので、もう一度聞いてみましょう!↓



Vader: ”I expect you /not to rest /until you can assure the emperor… /that Galen Erso has not compromised this weapon /in any way.”
ベイダー:「少しも休んでいるヒマなどないぞ。ゲイレン・アーソが少しもこの武器(デス・スター)の信用を傷つけていないことを、皇帝に納得させるまではな。」

どうですか、出来ましたか!?

そうやって意識すると、思ったよりカンタンでしょ!?

 

「しゃべるポイント」としては、“compromised”をやや強めに言う、”in any way”のanyを少し間を空けてから言うなどありますが、

これは「ダース・ベイダーっぽく言う」の高度ワザなので、まずは上記の”文法的なこと”を、このような長い、深い文章は理解してください。

「どこがポイントか全く分からない」から、しゃべるのも難しくなります。

 

はいっ、ということでこの会話がちゃんと、「“リアルな内容の”ビジネス英会話」に、なります!

毎回、私実証しております!↓

※(ビジネス英会話は、基本ゆっくりだけしゃべります。)

Teus: “I expect you /not to stop your sales promotion /until you can convince the customers… /that our product is superior /to others in Europe.”

Akio: “Yeah, I know, Teus.”

テウス:「ヨーロッパでは我々の製品が他の製品より優れていることを、カスタマーに納得させるまで販促を止めないことをお前に期待しておるぞ。

明央:「ああっ、分かってるよ、テウス。」

素晴らしい!小山マジック!明央マジック!

あっ、「Akio」って、私です(笑)

 

これも基本一緒で、“I expect you /not to stop your sales promotion /until you can convince the customers…”「カスタマーに納得させるまで販促を止めないことを、お前に期待しておるぞ。」

これがメイン、これだけでもいい訳です!

で、サブ的に、“that our product is superior /to others in Europe.” 「ヨーロッパでは我々の製品が他の製品より優れていることを」

と、やはり一緒です。

 

極端なことを言えば、「that節」はなきゃないでいいんですが、まぁ、実用的な場面を数々こなしてきた私の経験からすれば、こういう部分がない英語はあり得ないので、

やはり「that節をちゃんと理解して使いこなすことは、外人さんと一般的なコミュニケーションも含めてビジネスを行う場合、非常に重要」

ですね。

それが 「”リアルなシチュエーション”の英会話」、です!

こういうことを、楽しみながら深い理解をしていくことを、皆さんにもオススメしたいですね!

 

はいっ、ということで今回も「小山マジック!」、

「スターウォーズのセリフ」=「”リアルな”ビジネス英会話」に、いたしました!

また水曜日、書きます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。