(53) 「よくやった、ベイダー卿。」と、「皇帝のセリフ」を、ビジネチックにブッた切る!(その1)

画像出典元:ja.starwars.wikia.com

 

 

こんにちは、小山です。

「ビジネス英会話もビジネチック英文。」、です!

ビジネス英会話やりたくても、「ビジネチック英文」、なのです!

「英会話も文章力。」、ですから。

ということで今日も、「ビジネチック英文」のポイントを意識しながら、15分で英文をブッた切ってみましょー!

誰でもできます!

 

はいっ、ということで今日も映画「スターウォーズ/ジェダイの帰還」より、

「皇帝が新デス・スターに到着して、ダース・ベイダーと会話するシーン」から、です!

映画観た方は、「ああっ、そんなのあったなぁー。」と、思い出されたのではないでしょうか?

もちろん皆さんに私の主旨として、「ビジネス英会話」、できるようになってもらいます!

その題材に「スターウォーズのセリフ」なんて、おもしろいでしょ!?

目のつけ所が、小山でしょ!?(笑)

 

そして最後には、皆さんに「ああっ、思ったほど難しくなかったなぁ。」と、必ず実感してもらえることでしょう!

はいっ、ではさっそく行ってみましょー。私のしゃべりです!

「銀河皇帝」、ですよ!(皇帝のこの後のセリフは、以下の記事に)↓

皇帝:”Rise, my friend.”

ベイダー:”The Death Star will be completed on schedule.”

皇帝:”You’ve done well, Lord Vader. And now I sense you wish to continue your search for young Skywalker.”

ベイダー:”Yes, my master.”

皇帝:「立つがよい、友よ。」

ベイダー:「デス・スターは予定どおり完成いたします。」

皇帝:「よくやった、ベイダー卿。若きスカイウォーカーの探索を続けたいのだな、感じるぞ。」

ベイダー:「はい。」

はいっ、素晴らしいですね!私の”銀河皇帝のしゃべり研究、80年の歴史”が、集約されています!

ウソっです、もっと浅いです!(笑)

おもしろいでしょ!?(笑)

 

まっ、それはともかく、次、ゆっくりバージョンです!↓

「英会話が全くできない!」という方は、まずこういうやり方してください!

というかまずは、こういう風にやってみてください!最初からペラペラなんて、絶対出来ませんから!

皇帝:”Rise, my friend.”

ベイダー:”The Death Star will be completed /on schedule.”

皇帝:”You’ve done well, /Lord Vader. /And now /I sense /you wish to continue your search /for young Skywalker.”

ベイダー:”Yes, my master.”

皇帝:「立つがよい、友よ。」

ベイダー:「デス・スターは予定どおり完成いたします。」

皇帝:「よくやった、ベイダー卿。若きスカイウォーカーの探索を続けたいのだな、感じるぞ。」

ベイダー:「はい。」



はいっ、ということで単語です。まず最初の”Rise, my friend.”からrise、riseは色々な意味がありますが、

この場合は「(横になっていたり、座っていたりする状態から)立ち上がる」、という意味です。

次、”The Death Star will be completed /on schedule.”からcomplete、

これは「完成させる、完了させる」、finishと同じと言えば同じですが、

completeはビジネスに必須で、ヨーロッパの人々もビジネスEメールなどで、よく使います!

「スターウォーズのセリフ」が「ビジネス英語」なんて、ステキでしょ!?(笑)

はいっ、on scheduleは「予定どおり、スケジュールどおり」、ですね!

カンタンでしょ!?

 

次、”And now /I sense /you wish to continue your search /for young Skywalker.”からsense、

「~を感じる、気づく」、ですね!

これは”I sense~”で、「~であることを感じる」という文章であることに気をつけてください!

「sense以下」、つまり「~」の部分はいわゆる「that節」、

はいっ、私、何度もブログで言ってますが「that節」、

「ビジネス英語」でも「ビジネス英会話」でもものすごく重要です!

あいまいな方は下記の記事もご参考に!↓

 

日本語でも「センス」、「センスがある!」とか言いますが、

この場合は「~であることを感じる」という動詞で、feelと同じ意味ですね!

「センスする」んです、カンタンでしょ!?

 

次、”wish to~”「~したいと思う」は「want to~」「would like to~」と意味は同じですが、形式ばった、上品な感じの言い方です!

”I wish to see you.”「あなたにお会いしたい。」とか言えますが、まぁ、あまり一般的ではないので、意味だけ分かってください!

次、continueは「続ける」、ゲーセンでもゲーム終了の画面で「Continue 」って、

出ますよね?それです!

そしてsearchは、「探索・追求・調査」で、単純に「サーチ」です!

カンタンでしょ!?

 

はいっ、ということで今日の「小山ミラクル」は、

「皇帝とベイダーのセリフ」が、「ビジネス英会話」になります!

「皇帝のセリフ」ですからね!そりゃー、「ビジネス英会話」にもなりますわ!(笑)

おもしろいでしょ!?↓

小山:”The expansion of our factory /will be completed /on schedule.”

テウス:”You’ve done well, /Akio. /And now /I feel /you want to go back to Japan /for your wife.”

小山:”Yes, Teus.”

小山:「我々の工場の拡張は、予定どおり完了するよ。」

テウス:「よくやった、明央。そして(一段落したから)、キミの妻のために、日本に(一時)帰国したいと思っているのだな。」

小山:「その通りだよ。」

素晴らしい!小山マジック!明央マジック!

あっ、「Akio」って、私です!(笑) 

 

はいっ、毎度お馴染み、私のオランダ人上司だったテウスさんとの会話です!

私はオランダで3年ビジネスをしていて、当時本当に、工場の拡張に関わっていたので、

ちょっと仕事の段取りがこのように落ち着いた時は、本当にこのような心境になりましたよ!

つまり私の場合、「スターウォーズのセリフ」=「リアルビジネス英会話」、です!

素晴らしい!「超ミラクルAkioマジック」!

あっ、「Akio」って、私です!(笑)

 

先ほど、「wish to~」はあまり一般的ではないということと、「sense」もそのように感じるので、それぞれ「want to~」と「feel」に直してみました。

このように、 皆さんも”発想力”を鍛えて、ぜひともクリエイティブな英文を創り出してくださいね!

おもしろいでしょ!?(笑)

 

また金曜日、書きます!

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。