(50) 「上陸部隊の準備をせよ!」と、「ダース・ベイダーのセリフ」を、ビジネチックにブッた切る!

画像出典元:amazon.co.jp

 

 

こんにちは、小山です。

「英会話も文章力。」、です!

英会話やりたくても、「ビジネチック英文」です!

英会話やりたくても、「文章力」なのです!

ということで今日も、「ビジネチック英文」のポイントを意識しながら、15分で英文をブッた切ってみましょー!

誰でもできます!

 

はいっ、ということで今日は映画「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」より、

最後の方で、ダース・ベイダーと帝国軍将校が会話するシーンから、です。

映画観た方は、「ああっ、そんなのあったなぁー。」と、思い出されたのではないでしょうか?

もちろん皆さんに、私の主旨として「ビジネス英会話」、できるようになってもらいます!

その題材に「スターウォーズのセリフ」なんて、おもしろいでしょ!?

目のつけ所が、小山でしょ!?(笑)

 

そして最後には、皆さんに「ああっ、思ったほど難しくなかったなぁ。」と、必ず実感してもらえるでしょう!

はいっ、ではさっそく行ってみましょー。私のしゃべりです!↓

将校:”The rebel flagship is disabled, my lord… but has received transmissions from the surface.”

ベイダー:”Prepare a boarding party.”

将校:”Yes, my lord.”

将校:「反乱軍の旗艦は機能していません、ベイダー卿、しかしながら地上から伝送を受けています。」

ベイダー:「上陸部隊の準備を。」

将校:「了解しました。」

はいっ、素晴らしいですね、私のダース・ベイダーのしゃべり研究、”80年の歴史”が、集約されてます!

ウソっです、もっと浅いです!(笑)

まっ、それはともかく、次、ゆっくりバージョンです!↓

「英会話が全くできない!」という方は、まずはこういうやり方をしてください!

というかまずは、こういう風にやってみてください!最初からペラペラなんて、絶対出来ませんから!

将校:”The rebel flagship is disabled, /my lord… /but has received transmissions /from the surface.”

ベイダー:”Prepare a boarding party.”

将校:”Yes, my lord.”

将校:「反乱軍の旗艦は機能していません、ベイダー卿、しかしながら地上から伝送を受けています。」

ベイダー:「上陸部隊の準備を。」

将校:「了解しました。」



はいっ、で、「しゃべるポイント」を強いて言うなら、1点だけです!

「しゃべるポイント」はズバリ、「最初の将校のセリフの、”received”を「レシーブド」と、「シーを伸ばすだけ!」です!

カンタンでしょ!

 

はいっ、ということで単語です。まず”flagship”は「旗艦」、

「フラッグシップ」、字のとおり、「司令官が乗船し、命令を下す船」、ですが、まぁ、一般的ではないので、サラッと流してください。

次に、”disabled”は「(機械などが)機能しない、動作しない」ということです。

身体障害のある方のことを表す場合も使いますが、要は”able”「できる」に”dis”がついて”disable”「不可」、

つまり「機能しない」の形容詞形で”disabled”「機能停止した」、ということです!

そうやって考えるとカンタンでしょ?

 

この表現はスターウォーズの違う作品の場面にも出てきて、要は「宇宙船は爆破してなくても、動かない状態になっている!」ということです!

はいっ、次、”transmission”は「伝送」という意味で、車の「変速装置」も英語でも日本語でもこう言います。

つまり「送信すること、伝送すること」の意味です!

カンタンでしょ?

 

はいっ、次、”surface”は「表面」という意味で、

この映画の場合だとスカリフという星の”surface”「地上」から、

デス・スターの設計図を”transmission”「伝送」され、”has received”「受けた」、ということです!

カンタンでしょ!?

 

はいっ、次まとめて、”Prepare a boarding party.”、”prepare”は「準備する」、”boarding party”は「上陸部隊」です。

“boarding”「ボーディング」は飛行機で、例えば”on board”「機内に」という意味で、
“go on board”で「搭乗する」、

“now boarding”で「搭乗中」という表示を、空港で見た方もいらっしゃるのではないでしょうか?

はいっ、「スターウォーズのセリフ」と「飛行機の英語」が、一緒になりました!

小山マジック!

おもしろいでしょ!?(笑)

 

はいっ、そして「小山マジック!」は、まだまだ続きます!なんと上の「スターウォーズのセリフ」が、「ビジネス英会話」になります!↓

明央:”The machines of our factory /are disabled, /Teus… /but we have received /a great many orders /from the customers.”

テウス:”Prepare the emergency stock.”

明央:”Ok, Teus.”

明央:「テウス、我々の工場の機械は機能停止しているが、カスタマーからは、あまりにも多くの注文が入っている。」

テウス:「緊急在庫の用意をせよ。」

明央:「了解、テウス。」

素晴らしい!小山マジック!明央マジック!

あっ、「Akio」って、私です!(笑)

 

ちなみに、”emergency stock”は「緊急在庫」です。

「工場の機械が故障して、生産が思うように行かないのに”あまりにも多くの”注文が来てしまった・・・。」

と、私の上司”テウス”に、私が相談しているシチュエーションですね。

これは私がオランダで3年働いていた時に、実際たびたびあったシチュエーションです!

つまり「スターウォーズのセリフ」=「リアルビジネス英会話」、です!

素晴らしい!超ミラクルAkioマジック!

あっ、「Akio」って、私です!(笑)

おもしろいでしょ!?

 

また金曜日、書きます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。