(42) 「京成小岩駅の料金表示」の英語を、ビシネチックにブッた切る!

 

こんにちは、小山です。

「英会話もビジネチック英文」、です!

英会話やりたくても、「ビジネチック英文」、です!

今日も「ビジネチック英文」のポイントを意識しながら、15分で英文をブッた切ってみましょう!

こういう勉強をすると、ちゃんと「文章力」がついて、

英会話のレベルも、間違いなく格段にアップしますからね!

逆に「文章力」がないと、英会話はいつまでたってもできるようにはなりませんよ!

日本人は12才から、”This is a pen.”から、”文章”から、たいていの人が入ってますからね!

そういうこと考えると、「音」だけ追求しててもダメですよ!ネイティブとは全く違いますからね!

だから「文章力」あげてください、英会話やりたくても。

私、3年もオランダにいて、ヨーロッパ中やUSAの人とたくさん話しをして、

“That’s amazing !”とか、一度も使ったことないですからね!(苦笑)

そういうの、たくさん覚えてりゃいいって訳じゃないですからね!

意味なくそんなのたくさん覚えても、ムダな努力になりますからね!

それよりは「文章力」、つけてください。

「自分が使える正確な英語のレベル」、アップさせてくださいね!

 

はいっ、では今日も行ってみましょー、今日はわが街、「京成小岩駅の料金表示」の英語を、ビシネチックにブッた切ります!

おもしろいでしょ?(笑)

 

ちょっと、私のビジネス経験上、文章がしっくり来ないので、一部直してやってみます。

はいっ、しゃべりも入れてみます!↓

“The prices indicated on the map are the fares when tickets are purchased. The price is different if an IC card is used. Please refer to the list as follows.”

「地図上に表示されている料金は、切符購入時の場合です。IC カードご利用時は、料金が異なります。下記の表をご覧ください。」

はいっ、次、ゆっくりバージョンです、ぜひしゃべれるようになってくださいね!↓

“The prices /indicated on the map /are the fares /when tickets are purchased. /The price is different /if an IC card is used. /Please refer to the list /as follows.”

「地図上に表示されている料金は、切符購入時の場合です。IC カードご利用時は、料金が異なります。下記の表をご覧ください。」




カンタンでしょ?(笑)

はいっ、単語です、”indicate “はビジネスでもよく使いますが、「表示する、示す」という意味ですね。

“fare”は「料金・価格」です。

また、写真では”for when”と書かれてますが、「~の場合には」と言う場合には、「when ・if ・in case 」などを使う方が一般的だと経験上思いますので、変更しました。

次、”purchase”は「購入する」という意味で、日本語的に”buy “が「買う」という感じが強いなら、”purchase”は「購入する」という感じですね。

なので組織として「購入する」場合は、基本的に”purchase”を使います。

次、”refer”は「参照する・参考にする」という意味です。”refer to~”で使う場合が多いですね。

これもビジネスでは”Please refer to~”「~を参照してください」と、そのまま使います!

最後”as follows”、これもビジネスでは必須で、「以下の・下記の」という意味です!

おもしろいでしょ?(笑)

 

そうですね、今日はこの「indicate」「refer to ~」「as follows」がビジネスで頻繁にそのまま使うので、その辺りで文章を作ってみましょう!↓

“The rationale /which is mentioned /on the attached documents /as follows /indicates the fact /that they obviously refer to that technology /as well.”

「下記の添付書類に記載されている論理的根拠は、彼らも明らかに、その技術を参考にしているという事実を示している。」

rationale「論理的根拠」、mention「言及する」、 attached 「添付の」、obviously「明らかに」、as well「~もまた、同様に」

「indicate」「refer to ~」「as follows」は本当にビジネスでもよく使う表現なので、

まぁ、文章を作ると、どうしてもこういう感じになりますよね。

おもしろいでしょ?(笑)

 

はいっ、ビジネス文書になりました、「京成小岩駅の料金表示」が、ビジネス文書になりました!

あまりにも美しすぎる!

小山マジック!

明央マジック!

あっ、「Akio 」 って、私です(笑)

このように皆さんも「文章力」を高めて、ミラクルな応用をぜひやってみてください!

英語が絶対おもしろくなります!世界に羽ばたきたくなります!

皆さんも、絶対できますよ!

それには私はいつも言ってますが、「ビシネチック英文」が一番です!

「2~3行の、ビシネスっぽく見える英文」、

これを「文法・単語・発音等」を含めて、しっかり勉強していくのが一番です!

単純にこういうことできたら、スゴくおもしろいでしょ!?

できますよ!皆さんも「ビシネチック英文」を少しずつでも勉強していったら、必ずできますよ!

そしてそれは、単に「英会話をうまくしゃべろう!」としただけではダメです、音だけおっかけたら、英会話は全くできないですよ!

「文法・単語・発音等」、それらのその日勉強した分は、必ずしっかりマスターするようにしてください!

だから少しずつでもいいです、1回15分でもいいです、もう少し、今日より短い文章でもいいです!

少しずつ、じっくりじっくり確実に、「文章」を勉強していってください!そしたらこういうことができるようになりますから!

「文章力」を、高めましょう!

おもしろいでしょ!?世界に羽ばたきたくなったでしょ!?インターナショナルに仕事したくなったでしょ!?

「ビジネス英語マイスター。」が、書いてますから。

また月曜日、書きます。



 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。