(32) 「英会話早口言葉」を、スターウォーズのセリフからブッた切る!

画像出典:www.disney.co.jp

 

こんにちは、小山です。

「英会話は文章力。」です!

今日も「ビジネチック英文」のポイントを意識しながら、15分で英文をブッた切ってみましょう!

こういう勉強をすると、ちゃんと「文章力」がついて、

「英会話ができるようになる最短の方法。」、ですからね!

「文章力」がないと、英会話はいつまでたってもできるようにはなりませんよ!

私、3年もオランダにいて、ヨーロッパ中やUSAの人とたくさん話してみて、

“That’s amazing !”とか、一度も使ったことないですからね(苦笑)

そういうの、たくさん覚えてりゃいいって訳じゃないですからね!

意味もなくそんなのたくさん覚えても、ムダな努力になりますからね!

それよりは、「文章力」つけてください、本当に英会話やりたいならば。

 

はいっ、では行きましょー、今日は映画「スターウォーズ フォースの覚醒」の、

ポーとフィンがスター・デストロイヤーから逃げるシーンで、ポー・ダメロンがフィンに言うセリフから、

「英会話早口言葉」を、学んでいただきます!

ちょっと「ビジネチック英文」とは言えないかもしれませんが、英会話を視野に入れるなら、

こういう文章で口が早く回るように慣れさせるのも、一つの手です!

早速行きましょー。

はいっ、いつものように私のしゃべり、入れておきます。そのままの速さと、ゆっくりです。

しゃべれるようになってくださいね!

まずはそのままの速さです、ポー・ダメロンに似てるでしょ?(笑)↓

“Use the toggle on the left to switch between missiles, cannons and mag pulse. Use the sight on the right to aim. Triggers to fire.”

「ミサイル・キャノン砲・マグパルスを切り換えるスイッチは左、照準は右。発射用トリガー。」

次にゆっくり入れてみます、マスターしてください!↓

“Use the toggle/ on the left/ to switch /between missiles, cannons and mag pulse. / Use the sight/ on the right/ to aim./ Triggers to fire.”

「ミサイル・キャノン砲・マグパルスを切り換えるスイッチは左、照準は右。発射用トリガー。」

まず単語、”toggle”は「タグルスイッチ」、”switch”「切り換える」、”sight”「スコープ・照準」、

“aim”「狙いをつける」、”trigger”「トリガー」、”fire”「発射する」ですね。

“cannon”「キャノン砲」、”mag pulse”「マグパルス」はさらっと流してください。

そして”between A, B and C”ですが、これは「AとBとCの間」、という意味です。

これは学校で”between A and B” 「AとBの間」というのを習ったのを覚えている方もいらっしゃると思いますが、

それが3つになると、こうなります。


で、ポイントですが、①Useが頭に二度来ている②最初がleft(左)で次がright(右)③”between A, B and C”をガンバって言う④to aimまで無事言えたら、後はおまけみたいに”Triggers to fire.”「発射用トリガー」と言うだけ。

カンタンでしょ?

 

“trigger”「トリガー」というのは、よくゲーセンのシューティングゲームで”trigger”と書いてある握る所があって、

そこの赤いボタンを連打!みたいを見た方もいらっしゃると思いますが、あれです。

そうやって、イメージを膨らませていくのも、英語がおもしろくなる手です!

 

で、この4点、①Useが頭に二度来ている②最初がleft(左)で次がright(右)③”between A, B and C”をガンバって言う④to aimまで無事言えたら、後はおまけみたいに”Triggers to fire.”「発射用トリガー」と言うだけ。

を意識するだけでも、全然難易度が変わるはずです、確かめてみてください!↓

Use the toggle/ on the left/ to switch /between missiles, cannons and mag pulse. / Use the sight/ on the right/ to aim./ Triggers to fire.”

「ミサイル・キャノン砲・マグパルスを切り換えるスイッチは左、照準は右。発射用トリガー。」

次、ゆっくりバージョンです↓

Use the toggle/ on the left/ to switch /between missiles, cannons and mag pulse. / Use the sight/ on the right/ to aim./ Triggers to fire.”

「ミサイル・キャノン砲・マグパルスを切り換えるスイッチは左、照準は右。発射用トリガー。」

どうですか、違うでしょ?

 

で、これは正直言うと、「文章力」が上がる「ビジネチック英文」か?って聞かれたら、そうではないです。

いつも言うように、「2~3行の、ビジネスっぽくて見える英語」が「ビジネチック英文」で、

それ勉強していかないと「文章力」は伸びず、英会話はできるようにならないです。

今回は皆さんに、こうやって「口を英会話に慣らしていく。」、そんな方法もあることをご紹介しました。

まぁ、”between A, B and C”とかは復習になるし、こうやって実用的なのも分かっていただけたとは思います。

英語って、見方によって色々おもしろいでしょ?

だから変にジャンルを特定せず、「2~3行の、ビジネスっぽくて見える英語」、「ビジネチック英文」を勉強していくのがベストですね。

街の看板でも、電車の案内でも、スターウォーズでも、NHKの英語でも、何でもありますよ。

あなたがピンっ!と来るモノが、あなたがその時一番求めているモノだから、それがいいですね。

何でもいいから、トライしてみてください、

そしてその日勉強した文章の「単語・文法・発音」は、分からなかったら必ずチェックしてください。

それに加えて、「言葉の並び」の感覚も養われていくので、

あなたの総合的な英語力、「文章力」は、確実に上がっていきます!

英会話だけ見た場合でも、毎回単語の「発音」きっちりチェックすれば、「音の英語力」も、確実に上がっていきますよね。

だから「英会話も必ずできる!」んです。

だから総合的な英語力、「文章力」が、一番大事なんです!

書いた方がいいですね、その日に勉強した文章を自分で書いた方が、理解が深まります。

 

単純に「しゃべれる・書ける」ができるようになってきたら、「聞く・読む」はカンタンでしょ?

自分で発せたら、「聞く・読む」の方が圧倒的にカンタンですよね?

だから「リスニング」だけやっても壁、ブチ破れないです、カンタンな論理です。

「リスニングは後づけ。」です、覚えておいてください。

そして「1回15分・週3」でもいいです、本当は毎日やった方がいいですけれど(笑)

今は私、「週3」と、連呼してます。

 

また金曜日、書きます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。