(3) ダース・ベイダーのセリフを、「三段論法的」にブッタ切る!(前編)

画像出典元: amazon. co. jp

さて今日は、「ダース・ベイダーのセリフ」を、いわゆる「三段論法的」にブッタ切ってみます。
長いので、前編と後編に分けてお伝えします。
後編はこちら↓

(4) ダース・ベイダーのセリフを、「三段論法的」にブッタ切る!(後編)

さらに特別編はこちら↓

(5) ダース・ベイダーのセリフから、「英語 勉強法」をブッタ切る!

「スターウォーズ 帝国の逆襲」でダース・ベイダーがピエット艦長に、

“Make ready to land our troops beyond their energy field… and deploy the fleet, so that nothing gets off the system.”

「ヤツらのエネルギー場を越えて兵を上陸させる準備をしろ。同時に艦隊を配置、何一つ逃げ出すことはできん。」

と言います。

長いですが、文章を「3つのパート」に分けて考えてください。

その点については次回解説しますが、そうとらえると、理解が非常にしやすくなります!

個々の説明をしますが、まず”make ready~”は、「~の準備をする」という意味です。

“to land our troops”「兵を上陸させるための」ですね。

「land」は「上陸させる」、「troop」は複数形で「軍隊・兵士」です。

スターウォーズでは、「ストームトルーパー」という名前で兵隊がたくさん出てきますが、

そういう意味では、スターウォーズの中では「トルーパーを上陸させる」でも分かるでしょう。



次に “beyond their energy field”ですが、「beyond」は「~の向こうへ・越えて」、” their energy field”は「ヤツらのエネルギー場」という意味です。

「エネルギー場」というのは、エピソード5には具体的に出てきませんが、星を覆っている「電磁シールド」みたいなモノらしく、エピソード1の最後の地上戦に出てくるのがそれっぽいです。

そして “deploy the fleet”は「艦隊を配置する」、「deploy 」は「(軍隊を)配置する」、「fleet」は「艦隊」です。

続けて「get off 」は「(場所など)から離れる」、「system 」は「星・星系」という意味ですので、

“get off the system”で「星を離れる」という意味ですね。

そしてこの文章のミソ、”so that “です!日本語的には前の文章を受けて、「それゆえ」という意味です。

私はこれを「三段論法的」と名付けましたが、次回、この「三段論法的」な発想について、詳しく解説します。

また書きます。



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。