(26) 「C3POのセリフ」から、”英会話”をブッた切れ!

画像出典元:amazon.com

 

こんにちは、小山です!

はいっ、今日も「ビジネチック英文」のポイントを意識しながら、15分で勉強してみましょう!

こういう勉強が、「英会話ができるようになる最短の方法」ですからね!

私、3年もオランダにいて、”That’s amazing !”とか一度も使ったことないですから(苦笑)

「英会話が本当にできるようになりたい方」に、そういう本質を毎回、お届けします!

さて今回は、前回の内容と一緒ですが、「スターウォーズのC3PO のセリフ。」から、

「英会話のポイント」を、お伝えします!

「ビジネチック英文」です!

ゆっくりやってみますから、ぜひ付いて来てください。

ぜひ今日、「英会話」を一つ、できるようになっていってください!

同じ文章で、「文法と単語解説」の、前回の記事はこちら↓

(25) 「C3POのセリフ」から、”that”節をブッた切れ!(その2)

早速、行ってみましょー!最初に、フルでしゃべってるのを添付します↓

“If I may say so, sir, /I noticed earlier /the hyperdrive motivator has been damaged. /It’s impossible /to go to the light speed.”

「艦長、それについて申し上げさせていただけるならば、ハイパードライブ駆動装置が故障していることに、かなり早い段階で気付いておりました。光速走行への移行は不可能です。」

はい、大丈夫ですか?(笑)

出所は「スターウォーズ/帝国の逆襲」で、ファルコン号が帝国軍の追っ手から逃げる場面です。

まず最初の”If I may say so, sir”「艦長、それについて申し上げさせていただけるならば」ですが、

これはC3PO の日本語版でおなじみの、野沢那智さんの言い方そのままに言ってください↓

私が何度も何度も研究した限り、正直これしかないです(笑)

ポイントは、sayをやや強調して言ってください!

野沢那智さん、意識してください!


次にI noticed earlier /the hyperdrive motivator has been damaged. 「ハイパードライブ駆動装置が故障していることに、かなり早い段階で気付いておりました。」ですが、

これはまず、”I noticed earlier” をガンバッて、早口でサッと言っちゃってください↓

これは後に「”that “節」、”the hyperdrive motivator has been damaged”が控えてるからで、

この負担を軽くするために、”I noticed earlier” を、夏休みの宿題を7月21日に終わらせてしまうように(笑)、

サッと言っちゃってください。

本当に、そうやるとうまくいきます!

そして「”that “節」、”the hyperdrive motivator has been damaged”はゆっくりでいいので、

普通に言います↓

そして最後、”It’s impossible /to go to the light speed.”「光速走行への移行は不可能です。」ですが、

これはもう、皆さん想像つくかもしれませんが、”impossible”で飛んじゃってください!(笑)↓

そんな感じで、本当にうまく行きます。やってみてください。

どうですか?こうやって分けて、各ポイントを意識してやると、カンタンでしょ?

こうやって会話的に見ても、やはり「”that ” 節」の部分がややこしくて重要だったのが、お分かりになると思います↓

(25) 「C3POのセリフ」から、”that”節をブッた切れ!(その2)

もう一度、フルバージョンを添付します↓

“If I may say so, sir, /I noticed earlier /the hyperdrive motivator has been damaged. /It’s impossible /to go to the light speed.”

「艦長、それについて申し上げさせていただけるならば、ハイパードライブ駆動装置が故障していることに、かなり早い段階で気付いておりました。光速走行への移行は不可能です。」

マジメな話し、私は去年から20人ぐらいの若い、20代・30代の社会人の男女と話して、

みんな同じように、「英会話やってみたい!でもきっかけが・・・」

と言うのです。

私はスターウォーズの英語を個人的に研究していましたが、

単純に野沢那智さんみたいに言ったり、”impossible ” で跳び跳ねてみたり、

そういうことが、特に若い社会人の人達の、「英語へのきっかけ」になればいいと思ってます。

それが英語にドンドン進ませるドライビングフォースになるし、

みんな、ゆくゆくは「自分自身の勉強法」を見つけていくでしょう。

そういうことを思慮深く考えず、「食わず嫌いの社会人」を放置しておく大人の考え、

まぁ、そういう人達は行動を起こさない人達ですが、

私はこういうことを、日本の未来を真剣に考えているので、

今後も一生懸命、訴えていきます!

また金曜日、書きます!



 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。