(17)  「京成船橋駅」の表示と「ダース・ベイダー」のセリフの間に、”This is a pen.”的 相関関係を見る!

出典:amazon.co.uk

 

こんにちは、はいっ、今日も”This is a pen. “的に15分で勉強できるよう、ブッた切ってみましょー!

「英会話は文章力。」ですからね、そういうことももちろん意識して。

2つ前の記事(15)で、京成船橋駅のモーニングライナーの乗車案内を解説しました↓

(15)  「京成船橋駅」の表示を、”This is a pen.”的にブッた切る!

“Ticketless services are available for the Morningliner.”

「チケットレスサービスが、モーニングライナーにご利用いただけます。」

はいっ、これですね。

この中の”available “、という単語ですが、これは最近、受験やTOEIC でもかなり話題になっていて、

実は、「スターウォーズ 帝国の逆襲」のダース・ベイダーのセリフの中にも、使われています!

“I want every ship available to sweep the asteroid field until they are found.”

「空いているあらゆる船を用意、小惑星帯を一掃しヤツらを見つけるのだ!」

これはファルコン号がアステロイド・フィールド(小惑星帯)に逃げ込み、

帝国軍の将校が言い訳している時に、ダース・ベイダーが言ってます。

この”available ” については次回、詳しく解説します。

基本的には「(物が)利用可能」「(物が)入手可能」「(人が)空いている」という意味ですが、

これだけだと何が何だか分からないと思いますので、次回詳しく解説します。


前回のモーニングライナーは「利用可能」という意味でしたが、今回のダース・ベイダーも、「利用可能」という意味ですね。

「空いている、利用可能な船が全て欲しい!」ということです。

はいっ、ブッた切ります!

“I want every ship available”「利用可能なあらゆる船が欲しい」

“to sweep the asteroid field “「小惑星帯を一掃するために」

“until they are found “「彼らが見つかるまで」

あっ、ちなみに”sweep “は「掃く、掃除する」という意味なので、この場合「一掃する」と訳しました。

おばさんがホウキを持って、左右にサッササッとほこりを掃いてるイメージですね(笑)

一つ申し上げたいことは、「単語の意味を正確にとらえる。」

「単語の意味を正確にとらえる。」とは、

「英語として、どういうニュアンスを持っているのか?」

という一つのイメージを、一つの単語に必ず持つ! ということです。

今回の”available ” はかなり特殊でレアなケースなので次回解説しますが、

例えば”sweep “は、「おばさんがサッササッとほこりを掃いてるイメージ」で、いい訳です。

自然現象で「流木を押し流す」なんて意味でも使われますが、それでも「サッサと掃除する」というイメージでしょ?

そういう、「イメージを持ちながら勉強していく」練習をしていると、日本語だけの「言葉にとらわれる」ことなく、

「この場合は何て日本語にしようかな?」みたいな、逆の表現ができてきます。

つまり「直訳ばかりにならない」ということです。

「直訳ばかり」だと、「変な日本語」になったりするでしょ?

自然じゃない、んです。

そういうやり方が、「英語を理解する」ということにもなり、もちろん「英会話」にもつながります。

というか、「そうでないと、英会話は絶対できない!」ですね、

だって自分でしゃべる時に、イメージがなかったら、単語や文章がパッと出てこないでしょ?

「直訳的な日本語」が20個あったら、その20個、全て覚えておかなければならない。

できますか?

そういうことになります。

イメージを、持ってください。

 

また書きます。



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。