(116) 「違う、私が父親だ!」ダース・ベイダーのあのかなり有名なセリフを、必ず1分で、しゃべらせてみせる!

画像出典元:kakaku.com

こんにちは、「スターウォーズの明央。」、です!

「スターウォーズのセリフ」を、必ず1分で、しゃべらせてみせます!

「英語がよく分からない!」という方も、まずは必ず1分で、しゃべれるようになっていただきます!

もちろん「世界初!」、です!

 

ということで行ってみましょう!今日は「このセリフにかける!」(その2)ということで、

皆さんご存知の、”あのセリフ”、出しちゃいます!

一度は聞いたことがある「帝国の逆襲」の”あのセリフ”で、英会話、まずは出来るようになっちゃってください!

前回の(その1)はこちら↓

(115) 「このセリフにかける!」というセリフを、必ず1分で、しゃべらせてみせる!(その1)

今回も私は、あなたが「英会話が全くできない!」というのなら、そのアレルギーを取る特効薬を伝授いたします!

ということで行ってみましょー!(太字の部分がしゃべるポイントです)↓

Vader:”No, I am your father.”

Luke:”No, no, that’s not true. That’s impossible.”

Vader:”Search your feelings. You know it to be true.”

Luke:”No~! No~!”
ベイダー:「違う、私が父親だ。」
ルーク:「まさか・・・、そんなことは・・・、あり得ない。」
ベイダー:「感じてみるのだ、事実だと分かるはずだ。」
ルーク:「ウソだ!ウソに決まってる!」
 

はいっ、私の熱演、入っておりますが(笑)、

で、しゃべるポイントとしては、“I am your father.”もあるんですが、これは言葉で言うのが非常に難しいので割愛します。DVDを観て、慣れてください(笑)

それよりベイダーの最後のセリフ、“You know it to be true.”「事実だと分かるはずだ。」、

これの“know”ですね、これを強調して言う、

そして“to be true”、これをサラっと速く言うこと、です!

はいっ、この中のセリフでポイントは、ここだけです!カンタンでしょ!?(笑)

 

で、「区切って・ゆっくり」しゃべりましたので、私の後について、ぜひしゃべってみてください!↓

You know it /to be true.

ベイダー:「事実だと分かるはずだ。」

どうですか?できましたか?

カンタンでしょ!?おもしろいでしょ!?(笑)

はいっ、おもしろいです!スターウォーズも、現実の英語も、こうやって考えると、スゴくおもしろいです!(笑)

 

で、文法的なポイントもここだけですが、knowの目的語が”it”、補語が”to be true”ということですが、

分かりやすく説明します。

knowが「目的語+to beの補語」の形を取る時、すなわち今回ですね、

「目的語(~が)補語(~だと)知る、知っている」

という意味になります。

そうすると、「目的語(it)=補語(to be true)」、

つまり、it = to be true(それが真実であると)、

つまり、「目的語の内容を、詳しく”補っている”(目的語=補語)から補語」、ということになります。



分かりますか?この形は「帝国の逆襲」の中でも別の場面でベイダーがルークに、“Obi-Wan knew this /to be true.”「オビ・ワンも事実だと知っていた。」

という場面がありますが、これも“this =to be true”「これが事実であると」、

つまり、「目的語(this)の内容を、詳しく”補っている”(目的語=補語)から補語(to be true)」、ということになります。

 

ちょっと難しいですかね?でも私のヨーロッパでの3年におよぶビジネス経験から言うと、こういうのも、学んでおくといいですよ!

皆さん文法的にあやふやであったとしても、意味としては、You know it /to be true.”「事実だと分かるはずだ。」

と、なんとなく分かると思います。

しかしそこを一歩踏み込んで、文法的にもキッチリすると、”あなたの英語力”が格段に上がるので、実際使う場面で使えるパターンが、さらに増えますよ!

ねっ、おもしろいでしょ!?(笑)

はいっ、おもしろいです!スターウォーズも、現実の英語も、こうやって考えると、スゴくおもしろいです!(笑)

そして「スターウォーズの明央。」も、メッチャ面白い人間ですよ!(笑)

 

はいっ、といことで再度、おさらいしてみましょー!↓

Vader:”No, I am your father.”

Luke:”No, no, that’s not true. That’s impossible.”

Vader:”Search your feelings. You know it /to be true.”

Luke:”No~! No~!”
ベイダー:「違う、私が父親だ。」
ルーク:「まさか・・・、そんなことは・・・、あり得ない。」
ベイダー:「感じてみるのだ、事実だと分かるはずだ。」
ルーク:「ウソだ!ウソに決まってる!」

ということで今回は”あの有名なセリフ”で、誰もが「1分でしゃべっていただく!」、

納得いただけたかと思います

ますますこれからもおもしろく続けていきますので、ぜひ応援してください!

ということでまた次回!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。