(108)「ジェダイの帰還 ダゴバでオビ・ワンがルークを諭すセリフ」を必ず深く、理解していただきます! +「ビジネス英語。」(その5)

画像出典:twisave.com

 

勉強とはこうするのだ!

こんにちは、「スターウォーズの明央。」、です!

世界初!「スターウォーズのセリフ」から、必ず英語を深く、理解していただきます!

そして最後には、ご興味ある方には、「ビジネス英語。」にまで、必ずしてみせます!

 

スターウォーズのセリフだけでも、もちろんあなたも必ず理解してしゃべれるようになっていただけるし、

実用的なことまでご興味あれば、私のヨーロッパでの3年におよぶビジネス経験から、「ビジネス英語。」まで、勉強できます!

もちろん、「世界初!」、です!

 

これからの世の中、もっと具体的に言うと今年からの日本を考えた場合、”あなたに生きていただくための英語”、です!

それだけ自信を持ってやっております!

 

それは、私が3年間オランダに住んで、そしてヨーロッパ中、そしてUSAの人々と仕事をした経験から、

英語を使ってビジネスをしていくことは、もう誰でも必要であり、

私の取り上げている「スターウォーズのセリフは絶対使える!」→ビジネス的にも、必ず使える!、ということです!

毎回ブログで、やっております!

まぁ、スターウォーズのセリフだけでも、じっくり理解してしゃべれるようになって行ってください!

 

ということで今日も行ってみましょう!

今日は「ジェダイの帰還」から、「ダゴバで、オビ・ワンがルークを諭す、あのセリフ」からです!

ここの部分を、何回かに分けてやります!今日は5回目です!

前回までの記事はこちら↓ 



ということで行ってみましょー!↓

Obi-Wan:”Anakin was a good friend. When I first knew him… your father was already a great pilot… but I was amazed how strongly the Force was with him.”
オビ・ワン:「アナキンは良き友達だった。最初に彼を知った時、既に偉大なパイロットだった。しかし彼のフォースの強さに驚いた。」



 

これはですね、ヨーダが死んでしまって、ルークが一人で途方に暮れていると、オビ・ワンの霊体が現れて、ルークを諭す、感動的な場面です。

では単語、カンタンに行きましょー!今日はamazed「驚いて、びっくりして」、strongly「強く、丈夫に」、それだけですね!

単語はこれだけですが、文章としては非常に学びがいのある、非常にいい文章です!

単純に考えてください、「この内容をはいっ、英語でしゃべってください!」といきなり言われて、出来ますか?

そういうことなんです、「ビジネス英語」と言っても、こういう内容の繰り返し、なんです!

それは私がオランダに3年間住んで、ヨーロッパやUSAの人達とかなり商談したりEメールを交わした結果、とてつもない自信を持って言えることなんです!

「そういうことをしながらレベルを上げていく!」というのは、もちろんあります。

但しその前提は、「まずはどんな文章でもいいから、人に説明できるように書いてみる、話してみる」、ということです。

そういう意味では、今日の文章なんか、非常にいいサンプルですね!

 

特に皆さんに馴染みがないような表現が、”how strongly the Force was with him.”という所、ですね。

これは皆さんが学校で習った感じだと、”how strong his Force was.”、ではないでしょうか?

もちろんそれでもいいんですが、私の経験から言うと”how strongly the Force was with him.”の方が、「ああっ、ビジネスっぽいなぁ、外人さんが実際使ってるっぽいなぁー。」、ということです。

また、withは皆さん「withぐらいは。」と思われているかもしれませんが、withは本当に、様々の意味のある、深い前置詞です!

今回は「人の身に付けて」、専門的には「付帯を表して」、ということですが、

スターウォーズには、皆さんが馴染みのないであろう「with」の意味が、たくさん出てきます!

またそれも取り上げたいと思いますが、今回の「人の身に付けて」、これも非常に実用的ですから、どうぞ学んで行ってください!

 

でしゃべるポイントですが、これはですね、オビ・ワンのセリフから学びますと、

①Anakinの語尾を上げて、一回切る②your fatherの語尾を上げて、一回切る③amazedを強調して言う、

④そして上記の、”how strongly the Force was with him.”をじっくり噛みしめて言う、この4点ですね。

  これは何にも意識していないと全くポイントのない文章になってしまうんですが、オビ・ワンのセリフを私がマネした限り、

上記のポイントを意識してしゃべると、英会話としてはものすごくしゃべりやすくなります!

イヤっ、本当ですよ!やってみてください!

はいっ、勉強とは、こうやってするのです!



ということで「区切って・ゆっくりバージョン」です!今のポイントを意識しながら、ぜひモノにしてください!↓

Obi-Wan:”Anakin /was a good friend. /When I first knew him… /your father /was already a great pilot… /but I was amazed /how strongly the Force was with him.”
オビ・ワン:「アナキンは良き友達だった。最初に彼を知った時、既に偉大なパイロットだった。しかし彼のフォースの強さに驚いた。」

はいっ、ということでもう一度、通常のバージョン、アップします!上記のポイントと区切りも入れますから、ぜひモノにしてください!↓

Obi-Wan:”Anakin /was a good friend. /When I first knew him… /your father /was already a great pilot… /but I was amazed/how strongly the Force was with him.” 
オビ・ワン:「アナキンは良き友達だった。最初に彼を知った時、既に偉大なパイロットだった。しかし彼のフォースの強さに驚いた。」

 

 

 

 

 

はいっ、ということでここからは毎度お馴染み、スターウォーズを離れて、この会話がちゃんと「“リアルな”ビジネス英語。」になります!(通常のスピードでしゃべってます)

Teus:”Achim /was a good friend. /When I first knew him… /he was already a great salesman… /but I was amazed /how highly the sales ability was with him.”
テウス:「アチムは良き友達だった。最初に彼を知った時、既に偉大なセールスマンだった。しかし彼の営業能力の高さに驚いた。」

素晴らしい!小山マジック!明央マジック!

あっ、「Akio」って、私です!(笑)

 

これはですね、私の上司だったオランダ人のテウスさんが、私も懇意にしていたドイツの商社のAchimさん、この方もPh.D.という称号を持っていて、非常に博学な方でしたが、

テウスさんもPh.D.を持っていて非常に博学な方だったので、 2人は必然的に話しが合った訳ですよ。

で、実際Achimさんは営業能力が非常に高くて、まぁ、もともと理系の方で、化学記号なんか私の分からないモノをスラスラ書いて私、「全然分かりませーん!」と言ったことありますが(笑)、 

それでも、非常に営業能力も高い方でした。

 

ヨーロッパの人はどうですかね、私が見てきた限り、非常に博学な人ほど営業能力が高い、

それは「博学に、論理的にしっかり説明できれば、それだけお客さんの信用も高い。」

それがしっかり身に付いているからではないでしょうか?

お客さんもどこの国の人であっても、そういう基礎がキッチリ・しっかりしています。

だからそこはハッキリ言って、日本と全く違う点です、ハッキリ言ってヨーロッパで、おべっかなんて一切必要ないのです。誰も求めていません。

しかしそれでも、非常に穏和で皆、優しいですよ。

だから私の結論は、「博学な人は、皆優しい。」、です。

 

それは日本人はどうでしょうか?

私も日本での営業経験も含めて11年以上、営業はやりましたが、

まぁ、ハッキリ言って、トヨタも「終身雇用はもう難しい。」と発表しましたし、

「日本だけの論理・日本の中だけの論理」では、世の中は、今年以降全くうまく行かないでしょう。

「そのための英語、そのための”Think globally, act locally.”」、ですからね。

そういうことです。

 

はいっ、ということで今回も「明央マジック!」

「スターウォーズのセリフ」=「”リアルな”ビジネス英語。」に、いたしました。

皆さんもぜひ、トライしてみてください。また金曜日、書きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。